産婦人科や医療福祉の充実した病院で不妊治療を行う

ページトップへ

ハート

男性向けの検査

不妊治療の前に行われる検査は、女性だけではなく男性も行われます。
それは、男性側にも不妊の原因が考えられるからです。
女性と同様・問診や触診・視診が行われます。
以前は産婦人科のような専門機関が主流でしたが、いまは男性の不妊専門の病院も増えてきているので、そういったところで受診しましょう。
問診票の記入のとき、男性の場合は造成機能を阻害している原因がないかを調べます。
睡眠不足やストレス・食生活や性交渉の頻度といった質問に対して答えていきます。
下着によって造成機能が低下する可能性もあるので、下着のタイプも聞かれることがあります。
不妊治療を行っていく上で重要なことだけを聞かれるので、しっかりと記入したり返答したりしましょう。

病気を以前に患ったことがあるかどうか、不妊治療を行う前に問診で聞かれます。
おたふく風邪で高熱が出た経験があると、精子に異常が出る場合もあります。
また、小さいころの病気でも、不妊に関係することがあるので、小さいころの病気も確認していきましょう。
視診のときに、男性らしい体つきであっても、体格が良すぎる場合はホルモンや染色体の異常も疑われます。
逆に男性なのに毛が薄い・乳房のようなふくらみが出ているといったときも、ホルモンの異常が考えられます。
近年では、脱毛を女性だけでなく男性も行っている場合もあるので、行っている場合は伝えましょう。

不妊治療を行うときに、精巣の大きさも、検査のときに確認される重要な部分です。
他にも精液検査が行われ、量や比量・濃度や酸性度を測ります。
検査方法として、自宅や病院で採取する必要があります。
また、睾丸生体検査・精路造影法検査などがあります。
男性側の検査では、主に精子の状態や精子が通る道に異常がないかどうかを調べることになります。
検査や問診に抵抗を感じる男性も多いですが、子供を授かるため・不妊治療のためにしっかりと行っていきましょう。