産婦人科や医療福祉の充実した病院で不妊治療を行う

ページトップへ

ハート

主な原因

不妊症になることで、子供が出来ず悩み、不妊治療を行っている夫婦がたくさんいます。
不妊のきっかけや原因は、男女ともにあります。
不妊の1割は、原因不明だったり、体液や粘液が互いに合わなかったりといったことがあります。
それ以外の原因は男性にみられるのが4割、女性にみられるのが4割と、ほぼ同じ割合となっています。
また、2人に原因があるときもあります。
過去に起こった疾患によって、不妊になる人もいます。
不妊を克服し、子供を授かるために多くの夫婦が不妊治療に励んでいます。

不妊治療を行っている夫婦の原因として、男女ともに排管機能に問題を抱えているケースがあります。
男性が原因の場合には、造成機能に問題があることが分かっています。
些細なホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れによって、不妊症になることもあります。
生殖器に問題があることもありますが、それ以外が原因であることも増えてきています。
不妊治療にも様々なものがあるので、精神的なものであれば、すぐに子供を授かることが出来る夫婦もいます。

不妊の原因として、腰や膣管の異常・子宮の異常・卵巣や卵管の異常の場合があります。
膣にポリープが出来て、それが原因となっていることもあります。
子宮の異常とは、形状異常や奇形・ポリープ・子宮内膜症といったものが関係してきます。
通常生活していても、何の違和感もなく、症状に気づかないケースの多いものばかりです。
生殖器だけでなく、脳の異常も考えられています。
ホルモン物質のコントロールが上手く出来ないと、排卵障害を起こしてしまうこともあります。
不妊治療を行っている女性で、この脳の異常が原因で起こる排卵障害によって不妊になっている人もたくさんいます。