産婦人科や医療福祉の充実した病院で不妊治療を行う

ページトップへ

ハート

女性向けの検査

不妊治療を受ける前に、まずは問診や検査から始めます。
検査や問診・視診は、病院に訪れるたびに行うものでもあります。
この検査によって、不妊治療の方法も変わってきます。
問診票の記入からですが、いまの体の状態・過去の病気などを記入していきます。
以前に病気になったことが、不妊の原因になることもあるので、しっかりと伝えましょう。
月経が、女性であれば不妊に関係することがあります。
問診で、月経周期や量や色・月経痛について聞かれます。
過去のものを常に記録しておくといいでしょう。

視診も不妊治療の前に行われますが、体を見ることでホルモン異常が分かるときがあります。
皮下脂肪が多く、太り気味の場合・体毛が濃い場合などによって、ホルモン異常や性器の萎縮状態が分かることもあります。
視診以外では、生殖器内に異常があるか調べる内診があります。
膣内に器具を入れての検査になりますが、それによって分泌液の有無や炎症・ただれが起きていないかを確認出来ます。
他にも触診をして、痛みがあるかどうか確認を行います。

不妊治療の前には、様々な検査が行われます。
基礎体温を測ったり、月経血の検査をしたりします。
他にも、膣内容検査・子宮内膜組織検査・卵管疎通検査などがおこなわれます。
どれも、不妊治療前や不妊治療の最中に行われる大事な検査です。
それによって異常が見つかれば、不妊解決に近づけます。
超音波検査というものもありますが、これは負担も少なく、様々なことが分かる検査になります。
排卵予定日に排卵が正常に行われているかどうかも、この超音波検査によって分かります。