産婦人科や医療福祉の充実した病院で不妊治療を行う

ページトップへ

ハート

治療方法

不妊治療は、その夫婦の原因によって方法が変わってきます。
排卵治療というものがあり、この中にはクロミフェン療法・ゴナドトロピン療法・カウフマン療法というものがあります。
クロミフェン療法は、排卵誘発剤を投与しておこなう治療です。
ゴナドトロピン療法は、性腺刺激ホルモンを使った治療、カウフマン療法は無月経のときに行われる治療です。
体の状態に合わせて、どの治療を行うかは違います。
段階を踏んで、不妊治療は行われていきますが、排卵治療の他にタイミング治療やホルモン剤投与から始まります。

不妊治療では、人工授精という方法もあります。
人工授精は、女性の負担が少ないと言われている治療法でもあります。
痛みを感じることもなく、排卵誘発剤を使用していなければ、卵子や卵巣に影響が出ることもありません。
安心して行える不妊治療でもあります。
ですが検査や治療も保険適用外なので、高額にある恐れはあります。
他にも体外受精や顕微鏡受精といった治療法があります。

不妊治療の方法として、あまりお金がかからないのはタイミング療法です。
タイミング療法は、不妊治療の最初の段階で行われている治療法です。
排卵の日に合わせて行って、自然妊娠の受精や着床を確実に行っていくためのものです。
自然妊娠をするため、排卵日を医学面から予測・指導を行っていくものです。
これは不妊検査で異常が特に見られず、不妊治療を始めたばかりの夫婦に行われるものとなります。